早期離職のデメリットを考えて転職活動をするかどうかを考える事が大切

悩みや不安
転職をして失敗した。
話が違った、騙された。
思っていた以上に求められる成果が難しそう。
自分が出来るか自信が無くなった。

転職をした後に後悔することは誰でもありえる事です。だから、あなただけの悩みではないと考えます。

私は、転職を3回経験して人材業界では14年以上のキャリアがある中で、キャリアコンサルタント、転職エージェントとして起業して活動しております。※自己紹介ページ参照

その中で自分の体験も相談者の悩みも色々と感じているからこそ、そういった悩みに陥った時に1つ考えるキッカケになる記事を作らせて頂きました。

こちらの記事は「早期離職はなぜ起きるのか?その原因は?」「早期で退職をしようと思った時、デメリットや最悪なケースを考える事」について詳しく解説をしております。

記事を読み終わった後にはご自身の決断が少し整理できるようになっていると思います。最後までご覧頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

早期離職はなぜ起きるのか?その原因は?

理想と現実のギャップが起こるからです。

これは、ご自身の中で起こることもあれば、採用をした企業側でも感じる部分です。

自分の中で起こる事・・・・出来ると思ったけど思った以上に大変。仕事を覚える事に想像以上に時間がかかりそう。周りのサポートが全くない。

最初はゆっくりと仕事をすると思ったらいきなり即戦力として見られている。人間関係が合わない。

企業側で感じる事・・・職務経歴書と面接で確認したスキルと経験が違っていた。全然仕事が出来ないレベルだった。人間関係が上手く合わない。

誰と働くのかという相性面もあるので柔軟性もポイントになりますね。

後は、中小企業で起こるケースとしては経営者との相性問題。経営者が創業社長の場合や親族経営でワンマン企業の場合は社長次第で大きな変化が起こる事があります。

本来は企業として正しいカタチで運営する事が絶対になるのですが、経営者の横暴ぶりが条件の変更や退職への圧力など最悪な流れを引き起こすこともあります。

ブラック企業の特徴と見分け方とは?リアルを知るキャリアコンサルタントが解説
「ブラック企業とは?」「ブラック企業の特徴」「ブラック企業の見分け方(違和感や直感を大切に)」「口コミサイトの情報」等を解説させて頂きます。

早期で退職をしようと思った時、デメリットや最悪なケースを考える事

その後の仕事
家族や生活の事
これからの転職活動の事

準備が出来ている状態で動いていくのか?
準備が出来ない状態で進んでしまったのか?
その環境によっても状況も変わってきます。

早期離職が発生する事で次の転職に影響が出る事はあります。

それは、面接官が継続性に疑問を持つ事。また、同じように早期離職になるのでは・・・そのような懸念を抱く事はあります。

自分一人の決断で問題ないのか?家族にも相談をして考え方をまとめておいた方が良いのか?一人一人の生活状況で決断や行動も変わってきます。

自分一人の決断で決められる方は進んでいくことが出来ますご家族がいらっしゃると多くはご相談をされる流れになると考えます。

デメリットや最悪のイメージをする事で、覚悟も出来ます。同時に慎重に決断をする事にも繋がりますね。

関連動画:転職してスグに辞めて良いのか?早期離職での転職は厳しいのか?

誰に相談をしたら良いのか?

家族
親しい社会人経験が豊富な方
社内における相談できる方

まだ何か改善する方法が残っているかもしれない。退職をしなくてもいい方法がある。その場合は模索してみる事も良いと考えます。

それ以外に厳しい場合はご家族には情報を伝える事が必要です。ここで独断で動いてその後に関係が崩れることが無いように気を付けてくださいね。

特に奥様は現実を見ています。夢を語って納得していただけるというのは独身でなければ厳しいと考えます。だからこそ、相談をしてみる事をおススメしております。

キャリアコンサルタント坂本よりアドバイス

転職してすぐに辞めようと考えています。早期での退職はしても大丈夫でしょうか?

もし、勢い余って早期離職をしそうになった時には一旦、止まって相談する事をおススメします。出てからではやり直しがきかないから。

もし、選び方を間違うと大変な事になるので、相談は1つの方法だと考えます。

例えば、転職市場を知っていて企業などのビジネス側の理解もあり、良い事も悪い事も両面で話をして頂ける方。そういった方が相談をする相手としては良いと感じております。

早期離職は転職活動に影響する事がある。
退職をせずに出来る事をもう1度考える。
相談を効果的に活用する事。
仮に退職をしたとしても学びにする事。

是非、後悔しない決断を勇気をもってして頂ければ幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました