【Youtubeライブ】慣れるまではYoutubeライブコメントにも苦戦。挑戦の記録!

キャリア
Youtubeライブって難しそう・・・
YouTubeライブをする事って何か意味あるのか?
やりたいけど迷っている。挑戦したい気持ちがあるのに・・・

Youtubeは色んな使い方が存在しており、動画で収益化が出来た後に「YouTubeライブ」に挑戦をしたいという想いが生まれる事もあると思います。

私もそうでした・・・でも、全く挑戦をする事はしませんでした。

その時の想いや挑戦をしてからの記憶を記録として残す為に綴らせて頂きますね。

付け足し付け足しで歩む記事になるので未完成状態から記事が増える事も楽しんでみて下さいね。

Youtubeのチャンネル登録者1000人達成の歩みは以下の記事でチェックしてみて下さい。

YouTubeの登録者数1000人を目指したけれど難しい。諦めずに収益化に向かう歩み(2022年2月3日に達成)
「YouTubeの登録者数1000人って難しいのか?」「アンチコメントの対応方法」「実際に、継続する中で何かメリットあるのか?」「1000人の達成へ向けて何を意識しているのか?(当時)」「副業としてアリか?」について語らせて頂きます。

私は、転職を3回経験、人材業界では15年以上のキャリアがある中で、キャリアコンサルタント、転職エージェントとして起業し活動しております。ですので、本業がユーチューバーではありません。※自己紹介ページ参照

20代、30代、40代の転職活動の進め方と登録しておきたい転職エージェントのご紹介等

◆YouTubeチャンネルを運営:悔いの無い転職&キャリアチャンネル

自己分析・自己理解の支援や個人で転職活動をしている方、転職エージェントを活用している中でサポートやセカンドオピニオンが必要な方等の様々な有料サポートをしております。自己理解、面接練習、職務経歴書作成支援、内定承諾前のお悩み相談会、仕事人生のお悩み相談会、転職後のサポート(1ヶ月、2ヶ月)、オンラインセミナー等もお気軽にご相談下さい。※以下をクリックして詳細参照

特に今回のブログでは「YouTubeライブは難しいのか?」「Youtubeライブでのコメント(チャット)の対応と苦労話」「実際に、YouTubeライブは何かメリットあるのか?」について語らせて頂きます。

少しでもヒントや気付きなどの参考情報にして頂ければ幸いです。

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

YouTubeライブは難しいのか?

難しかったですか?

以前から、聞かれることは多いですが・・・

結論、勢いでやったので感覚的に難しいというより何となくスタートした感じです。

もともと、ライブをする事は絶対に無いと思っていました。

でも・・・

何かしら挑戦をしないといけないなと思った時、それがYouTubeライブだったという感覚。

だから、難しいと感じるよりもガムシャラにやってきたという表現が一番かなと思います。

勢い、エイヤーで飛び込んだ感じですね。

初めてのYouTubeライブデビューは「2023/04/05」。

参考ライブ動画:チャンネル登録者数3,000名様達成の御礼

動画をやっていたので話す事に慣れていましたが、ライブはまた違ったもの。コミュニケーションが必要になるので、その点は大きく違うなと感じました。

今振り返って思ったのは、1社目で私自身、研修講師の仕事もしていて朝から夕方までセミナーを講師としても運営をしていました。実はこの経験がライブにも活きていると感じている次第です。

コミュニケーションが苦手な方は訓練をしたり、練習をする事も1つだと思います。

リスナーの方々はチャットを使ってコミュニケーションを取られるのですが、最初は参加される方はいないのでは・・・そういった不安の方が大きかったですね。

結果として最大で19名の方がライブに同時で参加されたので最大が19名、平均すると6名、チャットが29件、初めてスーパーチャットを1件頂きました。お祝い的な気持ちで有難かったです。

そんな感じが私のデビューのYouTubeライブでした。

Youtubeライブでのコメント(チャット)の対応と苦労話

チャットの対応は何度かしていると慣れます。

ですので、安心して下さい。

場数を踏めばライブはある程度は慣れると思いますよ。

その中で、良い点としてはリアルタイムで視聴者の方々とコミュニケーションが取れる点、これはすごく良いですね。ライブならではの空気はすごく良いなと感じました。

一方でYouTubeライブを継続して続けていく中・・・悩みも大きくなりました。

それは、コメントが良いコメントばかりではなく、何とも言えない、返しにくいコメントが入ったり・・・

何度も同じことを質問する方が登場してきてストレスになるという場面が増えてきました・・・

私自身、全員と真摯に向き合って対話をしたいなと思っていたので全て対応をしていたのですが、徐々に精神的に疲れてしまって対応に悩むようになりました。

この時は、少しライブを休もう。

気持ちが乗らない。

そんな時期を過ごしております。

そこで、私が行った解決策は・・・

動画でのコメントと同じで厳しいなと感じたらブロックをするという手段です。心苦しいですが・・・

そして、全ての方の対応をするのではなく、明らかに精神的に厳しいと感じる内容はスルーする事。

そうする事で、精神的な負担は軽減することが出来たので、悩んでいる方は無理に全ての方と向き合うという事はせずに、自分を守る事。

精神的に厳しくなった時は距離を取る事、ブロックして自分を守る事を忘れないで下さいね。本当に色んな方がいますから。

YouTubeライブは何かメリットあるのか?

ライブは動画の投稿と違ってリアルな自分を表現できる。この点がメリットだと感じております。

どうしても動画だと伝わる事と伝わらない事が出てきます。この点をライブであればリアルタイムでカバーする事が出来て相手に自分を知ってもらえる良い機会となります。

そして、私の場合は、キャリア相談転職やキャリアサポートメニューを行っており、そちらの相談がライブを見た方から入る事もあります。その点は集客として1つの手段として使えると考えます。

時にYouTubeのメンバーシップの募集の話をしたりして参加になった方もおられます。

特に慣れるまでは、大変かもしれません。私も以下のような考え方を最初は常に意識をしてライブを行っておりました。

※想いを熱く伝える事をする。転職して良かった。良いキャリアが描けて良かった…そう感じる方を1人でも多くしたい。

1人でも参加して頂ければ嬉しい事。その1名の方に対して価値ある時間にしよう!そう気合を入れて毎回のライブに臨んでいた形です。

これは、今でも実は変わらなくて、誰か1人に最低でも届けよう。

少なくても良い。

濃い時間を提供していこう。

想いは変わらず熱く対応出来ているからこそ、今でもYouTubeライブを継続できているのかな・・・そう感じております。

引き続き、追記しながらブログも更新していきますね。お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました