【早期離職する40代の転職者が多い】なぜ?長く続かないのか?

悩みや不安

転職をして厳しい。辛い。いろんなケースがあると思います。そんな中で、質問が出来ない。理解してもらえない。相手が分かっているつもりで話をしてきて・・・ついていけない。分からない事が何かも分からない。 こういった時の話を少しさせて頂きます。

私は、転職を3回経験して人材業界では15年以上のキャリアがある中で、キャリアコンサルタント、転職エージェントとして起業して活動しております。※自己紹介ページ参照

キャリア相談
転職やキャリアサポート
オンラインセミナー開催/転職成功に必要な心構えシリーズ
◆YouTubeチャンネルを運営:悔いの無い転職&キャリアチャンネル

スポンサーリンク

年齢が高くなった際の転職で気を付ける事

・企業との期待値調整に失敗している
・前の会社に慣れ過ぎている
・転職が初めて。落とし穴にはまる
・理想と現実のギャップが激しい
・報連相が出来ていない(特に相談)
・大きな環境変化に挑戦をしている
・人間関係構築は大切
・若い方とのコミュニケーション(優秀な若手も多い)
→関わり方が大切。敵ではなく味方。リスペクトの気持ち。
・過去の役職や経歴が凄くても関係なし(偉そうにしない)
・転職慣れはある程度大切な事
・転職に失敗は無い。良い経験をしたと思う事

企業側の期待と実際の活躍状況に大きな乖離

転職活動時の面接で企業からの評価が高くて良かったと思う事もあると感じております。そんな時に喜んで調子に乗らずに出来る事をコツコツと取り組んでください。

企業の期待と自分の実績が大きく乖離していないかどうか?

期待値調整は大切です。相手の期待を自分がどのように対応できるのか・・・特に転職をしたばかりの時に結果をいきなり大きく出すことは至難の業。自分のできる事でベストを尽くして乗り越えてまいりましょう。

Youtubeの参考動画をご紹介

参考動画:【早期離職する40代の転職者が多い】なぜ?長く続かないのか?

タイトルとURLをコピーしました