転職後の試用期間を甘く考えない事。油断すると後悔する

転職
試用期間って誰でも大丈夫なんじゃないか・・・
最近、試用期間で更新されないかなと不安
転職をした時の試用期間の意味が分からない
転職後に大事になる事は「試用期間」の理解です。これから転職して頑張ろうとしている方は試用期間は甘く見ない事。その気持ちを持つ事が必要だと考えます。

私は、転職を3回経験して人材業界では14年以上のキャリアがある中で、キャリアコンサルタント、転職エージェントとして起業して活動しております。※自己紹介ページ参照

29歳で業界を変えた時の転職活動体験談(転職エージェントと求人サイトの活用経験)
29歳で転職厳しいと思っていませんか?「求人サイト&転職エージェントの活用方法」「求人サイト&転職エージェントを使用した時の感想」「転職理由~転職活動の実態~結末」について語らせて頂きます。

こちらの記事は「試用期間の重要性」「試用期間で終わる事はあるのか?」等について詳しく解説をしております。

是非、転職後の不安を少しでも軽減していただければ幸いです。

スポンサーリンク

試用期間の重要性

転職をした後に、試用期間を意識したことが無い方は多いと感じております。私自身も3回転職をしておりますが・・・試用期間は普通に仕事をしていれば大丈夫。

そう感じて、3回転職をした経験があります。結果、全ての企業で問題なく試用期間を越えて継続的に仕事をする流れに繋がっていたと考えます。

だから、経験上は試用期間は何も怖くない。大丈夫なものという感覚でした。

しかし、試用期間で更新がされずに退職になる方々も多く存在しております。

関連動画:試用期間で気を付ける点。転職後に失敗しない為に伝えたい事

試用期間で終わる事はあるのか?

試用期間で終わる方もいらっしゃいます。

試用期間で多いのは「試用期間3ヶ月」という印象です。勿論、半年という企業もあったり試用期間は1ヶ月という場合もあります。

試用期間で終わる事って想像しにくいですが以下のような内容の場合があります。

・転職をした方が会社の方向性や経営者の考えと合わない事を理由で自ら去る。
・経営者や上司との信頼関係が構築できずに評価が低くなり企業に見限られる。
・企業が求める最低限の成果を出すことが出来ずにお見送りの要素がある。

キャリアコンサルタント坂本よりアドバイス

試用期間は油断しない事。全力で対応する事。転職を自分の意思決定で実現したいと強く願っている方は良い結果を生み出す事も可能だと思います。

試用期間は結果にこだわる。チームメイトとの連携を意識して信頼関係を構築する。その辺りも必ず見られています。当たり前を徹底する事がポイントです。

転職を本気でして自分の人生を切り拓いている方は・・・普通に仕事をしていてクリアをされていいます。逆に何となく転職をした方は苦戦をすると考えます。

ポイントは1ヶ月~3ヶ月はド真剣に仕事に向き合うという事が大切です。その中で、企業からの信頼を多く頂く事になれば、自然に関係性は向上していきますよ。1つの参考にして頂ければ幸いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

転職
スポンサーリンク
シェアする
坂本 典隆をフォローする
悔いの無い転職&キャリア
タイトルとURLをコピーしました